【京都五条】sequence kyoto gojo宿泊記 部屋、朝食、大浴場など徹底紹介 今話題のホテルに泊まってみた

ホテル宿泊記

2021年12月にsequence kyoto gojoに宿泊してきました。

sequenceというブランドは三井不動産系のホテルブランドで、東京渋谷の宮下公園の再開発を手掛けたのと同じホテルグループになります。2020年8月にオープンしたばかりの最新ホテルで、至る所に最先端な技術が搭載されていて若者向きのホテルな気がしました。

ホテル内装は、デザイナーが手掛けているためとてもお洒落な建築空間となっています。

今回私は、ワーケーションとしてハフというホテルサブスクを利用して、1泊数千円程の金額でほとんどお金をかけずに宿泊しました。このハフというサービスは、1ヶ月単位の定額を払えば上限宿泊数まで、お得にホテルに滞在することができるものです。

今回は、sequence kyoto gojoがどういった感じなのかをお伝えします。

→ホテルハフに新規登録してボーナスコインを得る

本記事を書いている僕は、海外建築旅というテーマで、過去に30か国以上訪問してきた経験から、旅のコツを経験をもとに得た情報を発信しています。また、お金をあまりかけずにお得に生活するコツなども紹介しています。

本記事の内容

  • アクセスとチェックイン
  • 部屋紹介
  • 大浴場
  • 朝食
  • ホテルサービスと基本情報
  • まとめ

ではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

アクセスとチェックイン

ホテルは四条と五条の間にあり、名前の通り、五条のほうが近いです。最寄りは地下鉄の五条駅ですが、阪急電鉄の烏丸駅からも徒歩10分圏内の距離にあります。

外観はこんな感じで、1階にオープンテラスを備えたカフェがあり、外から見てるだけでお洒落な雰囲気がでています。

ホテル入り口はここ。

Appleの指紋認証みたいなマークのロゴがこのホテルの目印です。

エントランスは上から木が降りてくるかのようなデザイン。一見太宰府天満宮表参道店のスタバの入り口みたいな感じで、木の伝統と現代の融合のような印象を受けました。

ロビーはこんな感じで、カフェ空間とロービー、フロントが一体となったお洒落な空間でした。

 

 

チェックインは、セルフ式でタブレットで自分でするスタイル。

このホテルは、ルームキーが顔認証とカードの2種類の方法があり、自由に選択できます。

ちなみに私は、マスク外したりするのが面倒なのであえてカードを選択しました。

歌舞伎役者の絵がロビーの傍にどでかく飾ってありました。ロビーの雰囲気にそぐわないので、外国人のためかなと思いました。

クリスマスシーズンということもあり、ロビーに大量のプレゼント箱が山積みにされていました。こういうのみるとワクワクしますね。

スポンサーリンク

部屋紹介

今回の客室は8階のダブルルームでした。

客室の廊下の照明は、スタイリッシュでお洒落です。

各客室ドア前にディスプレイがついていて顔認証ができるようになっていました。

部屋全体はこんな感じで黒と白を基調としたスタイリッシュな部屋でした。

ベッドの横にタブレットが置いてあり、ここから部屋の照明を消したりつけたり、フロントに電話したりできます。

入り口には、消臭剤とハンガー掛けが置いてあります。

部屋の中央には、洗面台があり、その横の棚にコーヒーや紅茶を作るポットがありました。

洗面台の横にデスクがあり、なんか珍しい配置になっていました。

水も2本置いてありました。

ここに荷物を置くクロークがあり、その下に館内着もありました。

トイレはタイル調の高級感ある空間です。

バスは浴槽はなくシャワールームとなっていました。

壁は石造りの重厚な感じで、入り口面は前面ガラス張りです。

アメニティーはフロントから持っていくスタイルで、しっかり用意されています。

客室からの眺めは、8階の部屋ということもあり、ベッドの中からでも京都の北山が見渡せます。

テレビはソーニーでYoutubeやAmazonプライムビデオなど接続できます。

大浴場はサウナと湯船の日替わり

地下1階には大浴場とサウナがついています。

珍しいのが、大浴場とサウナが一つずつしかなく、どちらかは男性用、どちらかは女性用として日替わりになっています。京都観光して夜湯船に浸かりたいと思って大浴場に行ったら、湯船がないとなり驚きました。なかなか珍しいつくりしてるなと思いました。

チェックイン当日大浴場に入りたくてもその日がサウナだったら次の日の朝しか入れないということです。

サウナ、大浴場共どちらもBGMが流れていて、とても落ち着く音でリラックスできます。

ちなみに翌朝もチェックアウトの時間まで自由に入ることができます。

朝食はチェクアウト14時まで何度でも食べ放題

朝食は1階のここでいただきます。

メニューはスマホから見る形式になっていて、コロナ禍で最近増えてきましたように思いますね。

明らかにホテルの朝食会場の朝食という感じはなく、おしゃれなレストランで食事をしている気分です。

サラダ、スープ、ホットミール、フルーツ、シリアル、ヨーグルトなどハーフバイキングとなっていて、洋食を好きな形で楽しめます。

ちなみにチェックアウトの14時まで、いつでも何回でも朝食をいただけるので、昼ごはんにも利用することができるので経済的です。

ホテルサービスと基本情報

チェックイン17時

チェックアウト14時

京都観光してからホテルに来る方や朝ホテルでゆっくりしたい方はおすすめの時間ですね。私は、14時までのんびり過ごしてました。追加料金なしでこの時間まで滞在できるのは良いですね。

レンタサイクルサービスもありました。

利用するときは、ホテルフロントに声を掛ければOKのようです。

他のsequence

sequence MIYASHITA PARK

 

sequence SUIDOBASHI

 

まとめ

平日で朝食付き5000円程で宿泊できるので、コスパが良く、普通と少し違うという体験が色々できるので割と楽しめると思います。

子供連れの旅行とか、熟年夫婦には向いていませんが、若いカップルや一人利用であれば、気楽に利用できるおすすめホテルだと思います。

チェックアウトが14時までなので、ホテルステイしたい人や昼まで寝たい人には、追加料金なしで14時まで入れるのでこの辺りもおすすめのポイントですね。

 

記事の共有・ブログの購読

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今後も役に立つおもしろい記事を配信し作っていきます‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました