【コスパ最高】欧州でアジアン料理を食べるならWOK TO WALKにチャレンジしよう 美味しくて安い

旅行に関する体験

こんにちは、タカシです😊

皆さんは、アムステルダム発のWOK TO WALKをご存知でしょうか。

ヨーロッパでアジアンフードを食べたい時に、大変便利で活用できるおすすめのファーストフード店です。

今回は、WOK TO WALKの概要と注文の方法など紹介していきます。

本記事を書いている僕は、過去にアムステルダムで一週間ほど滞在している間、WOK TO WALKを頻繁に利用していたので、おすすめのメニューの選び方などマスターしました。

本記事の内容

  • WOK TO WALK について 
  • メニューと注文の仕方
  • おすすめアレンジを紹介
  • まとめ
スポンサーリンク

WOK TO WALK って

WOK TO WALKは、2004年にオランダのアムステルダムで誕生し、タイの屋台料理をコンセプトとしながらも、欧米のトレンドを取り入れながら現代風にアレンジしており、フライドヌードルやフライドライス、フライドベジタブルを、イートインとテイクアウトで提供するアジアン・ファストフードです。

出店国は欧州がメインですが、最近アメリカやメキシコなどの西側諸国でも開業してるようです。

出店国は以下の通りです。

<出店国> 

・欧州 ブルガリア、フランス、ドイツ、アイルランド、ラトビア、リトアニア、オランダ、ポルトガル、ロシア、スペイン、イギリス、エストニア 

・アメリカ コロンビア、メキシコ、アメリカ合衆国 

・アフリカ、アジア モロッコ、サウジアラビア 

 

スポンサーリンク

メニューと注文の仕方は

WOK TO WALKはこれといったメニューはなく、全て自分でチョイスしていくスタイルなんです。

初めて利用する時には注文方法が複雑に見えますが、実はとても簡単です。

ちなみにこれがメニュー表です。英語ばかりですが、数字で言えば問題ないので心配ないですよ。

まずはベースとなるヌードルやライス・野菜を、次に加える具材を、最後にソースを自分で選び、従業員が目の前で、食材を中華鍋で一気に炒めて仕上げてくれます。

渡された番号札の番号が呼ばれ、受け取り、完了です。

店内の場合は、食器で提供してくれます。

お持ち帰りの場合は、手作りボックスに入れてくれます。

このお店の凄いところは、出来たての商品の美味しさは勿論ですが、自分の好みで食材を組み合わせる楽しさや、目の前で炎とともに炒める調理シーンのエンタテイメント性も人気の秘密で、毎日行列ができています。

何回行っても味やベースなどお好みに変えれるので、違った楽しみもできるんです。

オーダー方法

※食材、具材、ソースは国や店舗により異なります 

1.ベースの食材を選びます 

玉子麺、全粒粉麺、米麺、うどん/ライス、玄米/ミックスベジタブル 

2.具材を選びます 

チキン、ビーフ、ポーク、エビ、豆腐、シイタケ、マッシュルーム、青梗菜、ブロッコリ、 ペッパーミックス、ベビーコーン、タケノコ、カシューナッツ 

3.ソースを選びます 

上海(ブラックビーン)、香港(スウィート&サワー)、バンコク(ココナッツカレー)、東京(テリヤキ)、 北京(オイスター)、ホットアジア(ホットソース)、サイゴン(ガーリックペッパー)、バリ(ピーナッツソース) 

おすすめアレンジを紹介

玉子麺にえび、椎茸、ポーク、ソースを北京味

これで中華風焼きそばが完成です。

ライスにチキン、マッシュルーム、ペッパーミックス、ソースを東京味

これでテリヤキチキンライスの完成です。

僕のおすすめのアレンジですが、他にも色々試してみてみるのが良さそうですね。

まとめ

トッピングの数で料金は変わりますが、結構安くて、しかも美味しいです。オランダが発祥なので、アムステルダムには店舗が多く、すぐにお店がわかりますね。

読者の皆さんもヨーロッパ滞在中にアジアン料理が食べたくなったら、ぜひ一度お試しあれ。

 

記事の共有・ブログの購読

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今後も役に立つおもしろい記事を配信し作っていきます‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました