【兵庫但馬】行列ができる卵かけご飯専門店 但熊訪問レビュー おかわり自由

旅行に関する体験

兵庫県但馬地方の田舎に行列が絶えないご飯屋さんがあることをご存知でしょうか?

お店は、卵かけご飯の専門店「たん熊」というお店です。

今回は、たん熊というお店がどんなお店なのか、どれぐらい行列ができているのか、注文の仕方など、気になって行ってみたい方向けに紹介します。

本記事を書いている僕は、海外建築旅というテーマで、過去に30か国以上訪問してきた経験から、旅のコツを経験をもとに得た情報を発信しています。また、お金をあまりかけずにお得に生活するコツなども紹介しています。

スポンサーリンク

たん熊ってどんなお店なの?

但熊は豊岡市但東町にある卵かけご飯で有名なお店です。

テレビで紹介されるほどの人気店で、人口たったの150人ほどの街に、年間4万人の人が訪れ、土日を中心に2時間以上の待ち時間を要する人気卵かけ専門店です。

施設データ
住所 兵庫県豊岡市但東町栗尾916
TEL 0796-55-0901
営業時間 10:00~18:00 ●休業日/12月31日~1月3日、8月14日
料金 卵かけご飯定食410円、オムレツ250円、珈琲とシフォンケーキ450円、プリン270円、ズコットチーズケーキ(カット)230円、シフォントケーキ(カット)250円
公式サイト http://www.eonet.ne.jp/~tankuma/

卵かけご飯定食がおすすめで、漬物とお味噌汁がついて410円です。しかも卵のおかわりが自由で何個食べてもOKのようです。めちゃめちゃ安いですよね。

スポンサーリンク

どれくらいの行列ができるの?注文の仕方も紹介

土曜日の11時ぐらいに行ったら、もうすでに人の塊がありました。

このお店の順番の待ち方は、列に並ぶのではなく、先にお店に入りメニューを注文してから、順番を待ちます。

お会計を先に済ませるので、レシートに番号が書かれ、その番号が呼ばれるまで外で待機します。f:id:ddp02architect:20210516160810j:plainf:id:ddp02architect:20210516160821j:plain

会計をしてから順番が呼ばれるまでに、50分ぐらいかかりましたね。緊急事態宣言が出ているためか、2時間の待ち時間に比べたらあっさり入れたほうだと思います。

土日はランチ時間にもなると、2時間以上待たないと入れないようです。しかし、平日は空いているみたいなので、平日休みの方は土日を避けて行くことをおすすめします。

卵かけご飯なので、回転率は悪くはないようです。

通販でお取り寄せが可能

お店に行くことが遠くていけないなどこういった方向けに、お取り寄せができます。

くりたま(鶏卵)Lサイズ6個×2パック、夢ごこち:1kg(精白米)、たまごかけごはん専用醤油:1本(150ml)、かき醤油:1本(150ml)4937円

購入については、アマゾン 楽天 ヤフーショッピングから可能。

他に卵だけ、醤油だけも販売しています。

たん熊へのアクセスの仕方

巨大なツキノワグマのモニュメントが目印。

車でのアクセス

国道426号線 福知山から豊岡方面へ 高橋小学校前信号から2.6キロです。

豊岡から福知山方面へ 小谷交差点から4.4キロです。

バス停からのアクセス

豊岡市バス 但東清滝線 栗尾下車 徒歩4分です。

豊岡市バス 但東清滝線 貝田下車 徒歩4分です。

あわせて行きたい周囲の遊び場

シルク温泉やまびこ

炭酸水素イオン成分によるクレンジング効果、硫酸塩泉による保湿効果の両方を備えた美肌シルク温泉。

但熊からクルマで数分です。

卵かけご飯で内から、温泉で外から美しくなれそうです。

宿泊も可能で、夕食はやまびこ会席、朝食は卵かけご飯食べ放題です。

記事の共有・ブログの購読

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今後も役に立つおもしろい記事を配信し作っていきます‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました