【由比ヶ浜が目の前】海辺のBed & Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZA 宿泊した感想を紹介 眺望と朝食は最高‼︎

ホテル宿泊記

神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜の目の前に宿泊施設があるのをご存知でしょうか?

由比ガ浜が目の前の抜群のロケーションに宿泊できる宿「海辺のBed & Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZA」やシェアオフィス、カフェ&バル、ヨガ施設などいくつかのテナントが入っている複合施設があります。

このホテルの良いところは、海が目の前にあるため、オーシャンビューを味わえたり、宿泊者は無料でシェアオフィスを利用できたり、手作りの朝食など、海辺暮らしを体験できるところです。

 

2021年12月に海辺のBed & Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZAに宿泊してきました。

今回私は、ワーケーションとしてハフというホテルサブスクを利用して、1泊数千円程の金額でほとんどお金をかけずに宿泊しました。このハフというサービスは、1ヶ月単位の定額を払えば上限宿泊数まで、お得にホテルに滞在することができるものです。

今回は、海辺のBed & Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZAがどういった感じなのかを紹介します。

ホテルハフに新規登録してボーナスコインを得る

本記事を書いている僕は、海外建築旅というテーマで、過去に30か国以上訪問してきた経験から、旅のコツを経験をもとに得た情報を発信しています。また、お金をあまりかけずにお得に生活するコツなども紹介しています。

本記事の内容

  • どんなホテルなの?
  • アクセスとチェックイン
  • 部屋紹介
  • オーシャンビューテラス
  • 朝食
  • コアワーキングスペース
  • まとめ

ではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

海辺のBed & Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZAとはどんな宿?

海まで0分、オーシャンビューと美しい夕陽、美味しい朝ごはんが特徴の宿泊施設です。

由比ガ浜が目の前の抜群のロケーションで、シェアオフィスやカフェ&バル、ヨガ施設などいくつかのテナントが入っている施設であり、土日や夏のハイシーズンは大混雑の人気の場所です。

ハイシーズンに海で遊んだ後に併設テラスでバーベキューをしたり、併設のコアワーキングスペースで仕事したりと様々な使い方ができる面白いところです。

スポンサーリンク

アクセスとチェックイン

『海辺のBed & Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZA』があるのは、鎌倉駅から徒歩15分の場所で、材木座海岸の正面、国道134号線沿いあります。

 

【電車の場合】

JR鎌倉駅東口から京急バス12番40番41番「臨海学園前」下車徒歩5分

【車の場合】

朝比奈ICから約20分、
近隣にコインパーキング有り。
宿泊者専用駐車場2台は先着順になっています。

海の方へ歩いていくと、白いお洒落な建物が見えてくるのが当宿です。

夕方にチェックインしたため、ライトが照らされてリゾート感ある雰囲気でした。

手前のちょっとした階段を登って右側が、宿の入り口になっています。

一見レストランの入り口に見えて本当にここが宿の入り口なのかと思ってしまう程わかりづらいです。

あっているか分からなかったので、近くにいたお姉さんに聞いて「ココですよ」と教えてもらいました。

宿にはフロントやロビーが通常あると思いますが、ここにはそういうものがないのでよりわかりづらいと思いました。入り口のドアが簡素なのがわかりづらいのかな。

入り口はすぐカフェになっています。動線が珍しいです。

チェックインは紙に記入して、宿の案内をされて完了といった感じです。

部屋紹介 オーシャンビューが眺めれる

カフェの奥に進むと部屋のドアがありここが宿泊する場所です。

一見ネットカフェみたいな雰囲気です。

部屋の数は6つだけの小規模な宿になっていて、その内4つの部屋からオーシャンビューの景色が眺めれるようになっていました。

部屋はこんな感じ。

私の想像してたのと違いました。ワンフロアでダブルベッド、窓がもっと大きいと思っていましたが、実際は、2段ベッドで小窓、1つはシングルサイズのマットレスで、客室は非常に小さいです。

公式サイトに8平米と小さな部屋と書いてあるだけあって、とても狭い作りになっていました。

客室というよりも個室といった感じかなと思いますが、海を楽しむ部屋であって、ラグジュアリーなホテルの様式にはなっていないので、そういったものを求めている人は不向きかもせれませんね。

部屋にはベットにLOWテーブル、テレビ、冷蔵庫などが置いてありました。

冷蔵庫にはサービスのミネラルウォーターが冷えていました。

窓から見える景色は、由比ヶ浜が一望できました。

風呂やトイレ、手洗いは部屋にはなく、廊下の所に共同で利用するようになっていました。洗濯機も置かれていて、無料で使えるみたいです。

シャワールームはガラス張りの個室タイプです。

アメニティーは必要最低限は用意されています。

ゆっくりお風呂に浸かるのであれば、近くにある稲村ヶ崎温泉に行くことをおすすめします。車で5分ほどの距離にあり、海を見ながら入浴できるのでおすすめです。

 

オーシャンビューテラスでのんびり

宿泊者はオーシャンビューテラスを自由に使うことができます。

冬場は寒くて風が強いので、不向きかもしれませんが、ここで軽食したり、パソコンしたり、海を見ながらのんびりすることもできます。

ワーケーションをするのには最適で、WIFIもテラスからでも使えるし、地下にあるシェアオフィスにあるコーヒーや紅茶が無料で運んでくることもできました。

最高の景色を眺めながら、美味しいコーヒーと共に、ワーケーションを楽しむのもありです。

朝食

朝食は宿入り口のカフェ空間でいただきました。

お姉さんの手作り料理のようで、家庭的な優しい味でした。朝食の中身は、ご飯に味噌汁、サバ、漬物、卵焼き、野菜、果物です。

和食の一例といった感じで、健康的な朝食でとても美味しかったです。

ちなみに、ご飯味噌汁はお変わり自由です。

朝食を食べていて気づいたのですが、1人で朝食を食べている人が多かったので、割と1人で宿泊している人が多いみたいですね。

海を見ながらいただける朝食はとっても美味しいですね。

コアワーキングスペースも利用できる

材木座テラスの半地下にはコワーキングスペース『GOOD WORKING 材木座』があり、ここで仕事もできます。

WIFI、電源、飲み物、雑誌、パソコン、プリンターなど全て利用できます。

内観はこんな感じで、ソファーや机など置かれ、ゆったりとした感じです。

ちなみにハフで予約した人だけが使えるので、楽天トラベルなどで予約した人は使えないようですが、僕が行った時は誰も管理している人はいなっかったので、自由に出入りできてしまいました。

まとめ

宿のチェックインは18時までなので、観光をしてからくる方は前もって宿に連絡しておき、セルフチェックインをしておきましょう。

周辺にレストランなどはなく、宿のレストランもすぐにラストオーダーになってしまうので、食事は準備しておくのがおすすめです。

鎌倉といえば夏の海を連想される方が多いと思いますが、水がキレイになって空気が澄み渡る冬の海も最高で、富士山もきれいに見えます。春や秋は沈む夕陽が美しく、夏のアクティビティーもあり、1年中楽しめるのが鎌倉です。

是非いってみてはいかがでしょうか。

記事の共有・ブログの購読

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今後も役に立つおもしろい記事を配信し作っていきます‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました