【韓国ソウル】Nソウルタワーの見どころと行き方・観光の注意点を紹介 ソウルの外せない人気スポットです

現地で楽しむ 世界観光地


Nソウルタワーを観光する人

「Nソウルタワーの観光の見どころや観光の仕方がよくわからないな。あと、観光の注意点や観光のお得情報とかもあると教えて欲しいな。」

今回はこういった疑問にお応えしていきます。

 

電波塔としても知られているNソウルタワーは、ソウルの南山に高くそびえたち、ソウルを象徴するシンボル的な存在になっています。

今回は、Nソウルタワーの見どころや観光の注意点などを紹介します。

本記事を書いている僕は、過去に30か国以上訪問してきた経験から、旅のコツを経験をもとに得た情報を発信しています。

本記事の内容

  • 基本情報
  • 見どころ
  • 観光情報と注意点
  • まとめ

ではさっそくみていきましょう。

スポンサーリンク

Nソウルタワーの基本情報

標高243メートルの南山の頂上付近に立つNソウルタワーは、全長237メートル、海抜からの高さは約480メートルもあり、ソウル随一の高さを誇ります。

展望デッキからは街の全景を楽しめます。このタワーは韓国初の電波塔でもあり、現在でもSBS、MBC、KBS、FMを送信しています。

1975年に展望デッキが完成し、1980年には一般公開も開始され、2001年には来館2000万人を突破し、2005年には南山タワーからNソウルタワーへと名を改められています。N」には「南山」「新しい(new)」「自然(nature)」という3つの意味が込められています。

2012年、ソウル市によって行われた調査では、ソウルで最も人気のある観光地としてNソウルタワーが選出されました。今日でも年間840万人が足を運ぶ一大名所になりました。

観光客に人気のNソウルタワーは、美しい外観を持つタワーです。夜になると最新のLEDテクノロジーにより色とりどりにライトアップされます。Nソウルタワーの周辺は自然保護区に指定されており、豊かな自然と21世紀の近代的な建築物が共生する景色を見ることができます。

スポンサーリンク

見どころ

Nソウルタワーの見どころ代表的なスポットを7つ紹介します。

①愛の誓約

愛の誓約ブースはNソウルタワーの1階、2階、4階に設置されています。

韓国版プリクラで写真を撮って、壁に写真を貼ることができます!

その壁にはメッセージを書くこともできるので、愛や友情を約束できる思い出の場所になること間違いなしです。

②ラブトンネル

Nソウルタワーの4階からT1階をつなぐ階段が、イルミネーションのトンネルになっています。

階段の側面は、情熱的な赤色をベースにデザインされています。

夕方から行く方は、階段を少し登って写真を撮ると、赤い側面がキレイに映える1枚に仕上がります。

③愛のキャンバスウォール

ラブトンネルの階段の下に位置するキャンバスウォール。

自分がここにきた!という足跡をつけることができます。

他の観光客のメッセージをみるのも楽しいですね。

④プロポーズ階段

Nソウルタワーの1階からロビーに降りる途中、少し突き出た場所にあるのがプロポーズ階段です。

ハートのフォトスポットがあり、ソウルの絶景をバックに写真を撮ることができます。

セルフフォト台もあるので、誰かに頼むことなく撮影できるのでおすすめです。

⑤ラブブリッジ

ラブブリッジは、Nソウルタワーの2階と3階をつなぐ橋です。

橋全てがイルミネーションになっているので、ラブブリッジも夕方からがオススメです。

⑥YOOHOOランド&LINLINランド

Nソウルタワーの1階にLINLINランド、4階にYooHooランドのフォトスポットがあります。

これらはYooHoo &Friendsという韓国のアニメのフォトスポットです。

このアニメでは、絶滅危惧種の動物がキャラクターになっているんです。

南山の自然の中でキャラクターたちが暮らしているコンセプトなんだとか。

目がくりくりしていて小さくてかわいらしい姿に、一緒に写真を撮りたくなってしまうこと間違いなしです。

⑦夕日ゾーン

夕日ゾーンは、Nソウルタワー4階の野外テラスにあります。

南山の美しい夕焼けを一番近くで鑑賞できるスポットです。

ガラス張りの囲いになっているので、景色まで一望できるかなりオススメのスポットです!

間違いなく夕方に行くのがいいでしょう。

Nソウルタワーの展望台に上ってみよう

ソウルの中心にあり、どこからでも見えるNソウルタワーの展望台からは、ソウルの街を360度見ることが出来ます。

展望フロアのガラス窓には、世界の都市の方向や距離が示されています。各国の都市が見えることはもちろんありませんが、地球の中で、今自分がどの位置にいるのかを確認することが出来ますよ。

トイレもガラス張りで、ソウル市内を見渡しながらトイレをすることができます。

ライトアップは幻想的 夜に行ってみよう

Nソウルタワーは、幻想的なライトアップでも知られています。夕暮れ時になると、ひときわ賑わいを増すムード満点のスポットです。さまざまな光の演出が施されており、日中とは違うロマンチックな空間に早変わりです。展望フロアからもソウルの夜景も楽しめて、Nソウルタワーを堪能できます。

観光情報と注意点

行き方

Nソウルタワーのアクセスはいくつかあります。

・南山ケーブルカー

・循環バス

・徒歩

南山ケーブルカー

南山ケーブルカーは、Nソウルタワー行きのロープェイです。

明洞駅5番出口から徒歩5分のところにある「南山オルミ」というエレベーターを利用して、ケーブルカー乗り場まで行きます。

所要時間:約15分往復料金:(大人)9500ウォン (子ども)6500ウォン    片道料金:(大人)7000ウォン (子ども)4000ウォン             南山オルミ運行時間:9:00~23:00                       南山ケーブルカー運行時間:10:00~23:00
循環バス

循環バスは、Nソウルタワーを起点として、一方向に運行しています。

ソウルのバスには番号が付いています。

・02番
・03番
・05番

この3系統のバスに乗ると、終着点である南山ソウルタワーに到着します!

東大入口駅は上記すべての循環バスが停まるので、ここから乗ることをオススメします。

紅葉の季節に行かれる方は、バスに乗って周囲の風景も楽しめますよ。

【02番】配車間隔:16分 始発7:00~終発23:30
【03番】配車間隔:18分 始発7:00~終発23:30
【05番】配車間隔:18分 始発7:00~終発23:30
徒歩

天気がいい時や、時間もあって周辺の観光もしてみたい!という方はぜひ歩いて行くのも良さそうです。

市内からからNソウルタワーまでは1時間ほどかかりますが、途中には食事のできる場所やカフェなどもあります。休憩しながらゆっくり向かうのも悪くないかと思います。

休館日・開館時間について

10~23時(土曜は~24時)

定休日はなし

入場料金

大人:1万ウォン、

子供:8000ウォン(満3~12歳)

シニア:満65歳以上は無料(要身分証)

生後36ヶ月未満は無料です。

所要時間について

1時間ほどあればおすすめスポットを回ることができます。

売店・レストランについて

レストランも展望フロアーにあり景色を見ながら食事もできます。

観光を計画

Nソウルタワーなどソウルを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券予約
ホテル予約

まとめ

ソウルにきたら外せないNソウルタワーの見どころを紹介しました。何といっても高さ海抜479m!360度のパノラマで展開される景色は感動そのものです。またカップルで訪れたら、「愛の南京錠」「メッセージタイル」で、ソウルに来た足跡を残してみましょう。

記事の共有・ブログの購読

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今後も役に立つおもしろい記事を配信し作っていきます‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました