【四国お遍路第74番】甲山寺 参拝記!見どころ・納経など紹介!毘沙門天に守られた小山のお寺!

四国八十八ヶ所巡礼

四国お遍路で甲山寺を参拝する人

「四国八十八ヶ所巡りで第74番札所の甲山寺を巡礼するんだけど、甲山寺ってどんな寺か知らないし、どこが見どころなのかもよくわからないな。あと、参拝の注意点や周辺のおすすめ施設とかもあると教えて欲しいな。」

今回はこういった疑問にお応えしていきます。

甲山寺は、無尽の福・長命の福・勝軍の福・愛敬の福な ど十種の福が得られるといわれている沙門天が、甲山全体を大きな福で包みこんでくれているお寺です。

今回は【四国八十八ヶ所第74番】甲山寺の見どころや参拝の注意点、周辺のおすすめ施設などについて詳しく紹介していきます。

本記事を書いている20代の僕は、弘法大師ご誕生1250年の節目を機に、マイカーで巡礼しました。ただ勢いよく巡礼するのではなく、お寺の見どころや観光スポット、地元グルメを楽しみながらのんびり回ることを重点に四国お遍路の楽しさを紹介しています。

 

四国八十八ヶ所巡礼を始めたいんだけど、四国お遍路の旅がどんなもので、どのくらいの費用がかかるのかなどの、始め方やルール、楽しみ方をバッチリ紹介しています。気になることがあれば是非チェックしてみてください!

→四国お遍路の旅の始め方・楽しみ方をバッチリ紹介!

ではさっそく【四国八十八ヶ所第74番】甲山寺の巡礼をみていきましょう。

スポンサーリンク

【四国八十八ヶ所第74番】甲山寺の基本情報

四国八十八ヶ所第74番の甲山寺は、弘法大師が開基したお寺です。

宗派 真言宗善通寺派 開基 弘法大師
御本尊 薬師如来 創建 平安時代初期 
御詠歌 十二神味方に持てる戦には 己と心かぶと山かな

御詠歌の意味は?

戦いや難局に直面した際には、神々の助けだけでなく、自らの力と内面の強さが重要であるという教訓を含んでいます。「己と心」が「かぶと山」であることから、物理的な戦闘だけでなく、精神的な戦いや心の準備も同様に重要であるという意味です。
スポンサーリンク

「甲山寺」の実際の様子は?見どころも紹介

 

駐車場に車をとめてお寺の入り口に向かいます。

お寺の入り口は駐車場からすぐのところに山門が見えます。

山門は風格ある佇まいの門です。門の脇に寺名が書かれた大きな石碑があります。

 

門を進んで境内に入っていくと、はじめに手水舎があります。

手水舎の近くにウサギの銅像がありました!愛嬌たっぷりのウサギさんに癒されます。

境内を進んでいくと、また一つ門がありました。

門の先の正面に見えるのがが本堂です。

弘法大師は、甲山の麓で一人の翁に出会い、「私は昔からこの地に住み、人々に仏の教えを広め、人々に幸福と利益を与えてきた聖者である」と言い、この地で寺を建立するよう告げられ、大師はすぐに毘沙門天像を彫り、山の岩窟に安置したのです。

その後、巨大なため池である満濃池が決壊したので、大師は朝廷から満濃池造りの別当に任命され、工事を指揮し、わずか3ヶ月で完成させたのだとか!朝延から報奨金を賜った大師は、工事の無事を祈願して刻んだ薬師如来を本尊として安置されました。

残念ながら秘仏で直接拝むことはできません。

ろうそくと線香をあげ、納め札と賽銭を納め、礼拝し読経します。

そして本堂左側には子安地蔵尊があります。

お地蔵様で、側に「ありがたや めぐみもふかき血をわけて、家のよつぎを守るみ仏」とあり、子どもに恵まれない女性がお参りし、前掛けを持ち帰ったところ懐妊し、お礼に新しい前掛けを作ってお供えしたという話から、子供を授かる地蔵として参拝者が絶えないのだとか!

子安地蔵の横には、大師堂があります。

大師堂は、弘法大師がご本尊となります。

そして大師堂の左側には、注目の見どころスポット岩窟の毘沙門天があります。

岩窟のお堂に安置された、弘法大師が石を割って刻んだという毘沙門天は、甲山寺建立のきっかけを作ったという不思議な翁がこの岩窟から姿を現し、大師に暗示を与えたのだとか!

毘沙門天は、仏教の四天王の一仏であり、信仰 すると無尽の福・長命の福・勝軍の福・愛敬の福な ど十種の福が得られるといわれているのです。

本尊納経と88大師メッセージ

88大師メッセージは、納経帳の左上に弘法大師様のお言葉や仏の教えにまつわる言葉を刻した記念印が押さます。お寺によって押印されるお言葉が異なるので、どのような言葉が押印されるか楽しみの一つです。

甲山寺の納経

88大師メッセージ(記念印)

同時成仏 と書かれています。意味はこちら

御影と88大師カードを頂こう!

御影

御影とは、そのお寺に奉られているご本尊様が描かれており、ご本尊様の分身と言われています。
この御影は、「納経軸」または、「納経帳」に納経をいただくと無料でいただけます。

88大師カード

弘法大師御誕生1250年記念事業では、弘法大師様のご生涯や四国霊場の縁起が描かれた特製の「88記念カード」が授与されます。

4 泥で仏を作り遊ばれる
幼い頃の大師は遊びにも泥土で仏像を作り 草木でお堂を造り遊ばれたという

カードのデザインは四国内のデザイン専門学生の生徒が手掛け、若い人にもお遍路をしてもらいたいとの思いが込められているのだとか。

各札所分すべて集めると、以下のようにパネルが完成し物語が完成するというものです。

私がお勧めする納経帳・御影帳 これさえあれば大丈夫!!

 

アクセスと駐車場情報!

普通駐車場は、50台ほどあり、無料で駐めることができます!

アクセスはしやすく、善通寺インターチェンジから観音寺市内向きに国道11号線へ進み、高速の高架をくぐると、看板が角ごとに現れるのでそれに従い、曼茶羅寺を過ぎて左折、直進すると着きます。

 

周辺のおすすめ施設を紹介

四国お遍路で急足でお寺からお寺に訪問するだけではもったいないです。周辺の観光スポットや施設、グルメをじっくり楽しむことをおすすめします。

おすすめ観光スポット

金刀比羅宮

琴平公園

父母ヶ浜

栗林公園

おすすめグルメ

讃岐うどん

四国八十八ヶ所 前後の札所を紹介!

四国八十八ヶ所の74番札所甲山寺の前後の札所は、73番札所出釈迦寺と75番札所善通寺です。

【四国お遍路第73番】出釋迦寺 参拝記!見どころ・納経など紹介!弘法大師が仏道入りを決心をした寺

【四国お遍路第75番】善通寺参拝記!見どころ・納経など紹介!弘法大師生誕の地!

香川県 讃岐の国 涅槃道場の札所の巡り方や札所まとめはこちらからどうぞ!

【香川県讃岐の国】四国八十八ヶ所 札所と巡り方を紹介!おすすめ施設・宿も合わせて紹介! 

まとめ

香川県も善通寺市や高松など数多くの名物料理や観光もあるので、じっくり楽しんでいきたいところです。

そして甲山寺は、この周辺は弘法大師の故郷で、幼少時代によく遊んだといわれる場所であるので、平安時代にもこの場所は今も変わらず存在していたということです。

続いてそのまま、四国八十八ヶ所お遍路旅第75番札所 善通寺に向かいます!弘法大師誕生の地なので楽しみですね!

記事の共有・ブログの購読

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今後も役に立つおもしろい記事を配信し作っていきます‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました